日本建築家協会・JIA・中央地域会

chuouchiik.exblog.jp ブログトップ

KITANI本社に新しいショールームをつくりました

数年前に設計したKITANI本社工場の中に新しいショールームが出来ました。
木の素材感と白い壁で優しさを演出しました。

庭には、崖から突き出した月見台もあります。
ここからの、アルプスの絶景がすごいです。
(空気が透き通る、秋から冬がお勧めです)

9月には、飛騨高山の家具屋さん全体のイベント
暮らしと家具の祭典 
飛騨・高山文化センターにて(9月1日〜5日)
も行われます。

ArchitectS Office 石川 雅英(中央地域会副代表)

b0122764_15242695.jpg

b0122764_15257100.jpg

b0122764_15253153.jpg




ArchitectS Office
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16-16
T 03-5847-7785 F 03-5847-7788
WEB SITE
BLOG
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-08-17 15:29 | 新着情報

日本橋クルーズと東京スカイツリー見学

b0122764_1425879.jpg

日本橋クルーズと東京スカイツリー見学

「中央水の都フォーラム」主催で水辺からの東京を見学するツアーを開催しております。

・今後の開催日時:

    8月21日(土)9:00出発(8:45受付開始)※残席僅少
    8月21日(土)11:30出発(11:15受付開始)※満席

    9月4日(土)9:00出発(8:45受付開始)
    9月4日(土)11:30出発(11:15受付開始)

    9月18日(土)9:00出発(8:45受付開始)
    9月18日(土)11:30出発(11:15受付開始)

・集合:常盤橋防災船着場
・監修:陣内秀信(法政大学教授)・灘波匡甫(法政大学エコ研研究員)
・講師:阿部彰〈法政大学エコ研研究員〉ほか ※講師は回により異なります。
・参加費:3000円(舟代+資料代+保険料) 同伴の中学生以下は1000円
・協賛:株式会社ジール(ゼンフリート号)
・主催:中央水の都フォーラム

詳しくは下記サイトをご覧ください。
中央水の都フォーラム
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-08-16 14:32 | 新着情報

本陣平野屋別館ロビー改修工事竣工

東京でも、スコールのような雨が毎日降ります。ここは、ジャカルタかなあと勘違いしそうなお天気ですが、体調を崩されていませんか?

飛騨高山にある本陣平野屋別館のロビーのインテリアを改修が竣工しました。宮川の赤い橋のたもとにある、カフェにもなっています。様子は、平野屋さんのブログでも見れます。

高山の一等地だから、もちろん、街歩きの人の休憩にもとても便利です。でも、なんたって、一番快適なのは、チェックインして温泉に入って、夕ご飯までの時間のんびり、一口生麦酒を飲みながらぼんやりするための空間です。その時間、お部屋で過ごすのもいいけれど、カフェでも時間を過ごせます。そんな、新しい旅館での時間の過ごし方を提案できたらと思ってデザインしました。

ArchitectS Office 石川 雅英(中央地域会副代表)

カフェ
b0122764_14172055.jpg

テラス
b0122764_14173268.jpg



ArchitectS Office
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16-16
T 03-5847-7785 F 03-5847-7788
WEB SITE
BLOG
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-07-09 14:29 | 新着情報

「赤堤の家」 内覧会のご案内

【日時】
6月26日(土)10:00〜13:00
【場所】
世田谷区赤堤3-15-6
小田急線 経堂駅北口 徒歩15分程度
世田谷線 松原駅  徒歩10分程度
【概要】
世田谷区赤堤で住宅が竣工いたしました。地下1階、地上2階建ての住宅です。トネリコの植わった中庭を設け、内部と外部空間の連続性をテーマにしつつ、外付けの可動ルーバーを取り付けて、視線と日射をコントロールしています。また、断熱に留意し、24時間空調を採用し、ランニングコストのかからない住宅を目指しています。
主要用途:住宅
敷地面積:137.30㎡(41.53坪)
建築面積: 82.24㎡(24.87坪)
延床面積:185.63㎡(56.15坪)
構造規模:地下1階RC造 地上2階木造
主な仕上:
外壁/しっくい塗り
内壁/珪藻土 クロス
床/ウォールナットフローリング、ナラフローリング、タイル
施工会社:本間建設株式会社



【問合せ先】
電話 03-3562-0309(杉浦英一建築設計事務所 山岸)
【主催】
杉浦英一建築設計事務所 杉浦英一(建築家/JIA中央地域会)
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-06-23 10:20 | 活動

「こんにちは、建築家です!」展のご案内

b0122764_14175145.jpg

長谷川建築デザインオフィス 株式会社/長谷川順持(JIA中央地域会代表)からのお知らせ

  • 上記展覧会に逗子の家、奈良の家、集合住宅M・CASAなどを展示しています。
  • 2009建築家協会・建築大賞/優秀建築に受賞作品名/FIVE GATE HOUSEが選定されました。
  • 『現代日本の建築家-2009優秀建築選』が出版され「FIVE GATE HOUSE」が掲載されています。
     

[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-06-15 14:26 | 新着情報

「東玉川の家」 オープンハウスのご案内

【日時】
5月29日(土) 12:30〜17:00
【場所】
世田谷区東玉川1-6-2(東急池上線雪谷大塚駅より徒歩6分)
※車でお越しの節は、近くのコインパーキングを利用下さい。
【概要】
いわゆる「旗ざお敷地」といわれる敷地条件のなかで、街路に対する「顔」をもたせつつ、光にあふれ、プライバシーを守ることのできる生活空間を創り出すことを意図して設計したとのことです。
用途:専用住宅
構造規模:木造2階建
敷地面積:198.73m2
建築面積:98.16m2
延床面積:149.15m2
設計監理:杉浦英一建築設計事務所
施工:本間建設株式会社



【問合せ先】
電話 03-3562-0309(杉浦英一建築設計事務所 木藤)
【主催】
杉浦英一建築設計事務所 杉浦英一(建築家/JIA中央地域会)
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-05-24 13:59 | 活動

「水のまちの記憶」展のご案内

タイムドーム明石 第9回特別展「水のまちの記憶」~中央区の堀割をたどる~


【日時】
5月22日(土)〜7月11日(日)
・火曜日~金曜日 午前10時~午後7時
・土曜日、日曜日 午前10時~午後5時
※閉館30分前にはご入場ください。
【入場料】
無料
【展示場所】
タイムドーム明石(中央区立郷土天文館)
〒104-0044 中央区明石町12番1号 中央区保健所等複合施設6階
【シンポジウム】
6月13日(日) 午後2時から教育センター5階視聴覚ホールにて
司会/郷土天文館館長・法政大学教授 陣内 秀信
パネリスト/
・日本大学教授 伊東 孝
・評論家 川本 三郎
・中央区総括文化財調査指導員 野口 孝一
定員/100名(先着順)
費用/無料
【詳しくは下記サイトをご覧ください。】
・タイムドーム明石 第9回特別展「水のまちの記憶」~中央区の堀割をたどる~
・広報紙「区のおしらせ 中央」関連記事
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-05-24 13:42 | 新着情報

銀座デザイン協議会/デザインレビューのご案内

「銀座街づくり会議」報告会 銀座デザイン協議会/デザインレビュー


【日時】
5月24日(月)15時45分から17時(15時30分より受付開始)
【場所】
紙パルプ会館2階フェニックスホール
【ご報告頂く先生方】
蓑原 敬(都市プランナー)
小林 博人(慶応義塾大学准教授 小林・槇デザインワークショップ)
【報告内容】
1.2009年度銀座街づくり会議活動報告書
  ・1年間の活動報告
2.銀座デザイン協議会
  ・大規模開発の動向
  ・デザインレビューと課題
【参加方法】
銀座の方はお申し込み不要です。(当日受付にてお名刺を頂戴いたします。)
その他の参加希望の方は、メールにてお問い合わせください。
【お問い合わせ】
銀座街づくり会議
〒104-0061中央区銀座4-6-1-3F
PHONE:03-3567-1535 FAX:03-3536-0236
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-05-11 18:03 | 新着情報

セミナー(仮題)「アートと建築の発信を日本橋から」のご案内

(仮題)「アートと建築の発信を日本橋から」


【日時】
6月2日(水)18時半から20時半
【場所】
中央区立女性センター ブーケ21
【講師】
ArchitectS Office 石川 雅英(建築家/JIA中央地域会)
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-04-22 15:56 | 活動

UIA世界大会記念 OPEN! Architecture 2010

open! architecture 2010の中で、5月30日(日)アーキテクツオフィスを開放しします。堀内広治さんの写真展の解説付きです。(11時半〜・13時半〜)
下記アドレスから事前登録が必要です。
http://open-a.org/
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-04-22 15:51 | 活動

堀内広治写真展のご案内

堀内広治写真展「聖なる壁―モルトヴァ地方の教会群」
b0122764_15372686.jpg
ルーマニアの首都ブカレストから北に約500kmに位置するブコビナ地方にある世界遺産「モルトヴァ地方の教会群」の写真展です。
当時(16世紀)この地方を治めていたシュテファン3世が戦いに勝利を治める度にこれを祝って聖堂を建て、その後継者たちもこれに倣い、当時の首都スチャバ周辺には勝利の証として多数の聖堂が建設されました。
12件の教会が現存していますが、その中の5件が世界遺産に登録され、現在もブコビナブルーに代表される色鮮やかなフレスコ画を見ることができます。
キリスト教の教会の壁画といえば宗教色が強く聖書の物語や聖人たちの人生を絵にし、文字が読めなかった人々にもその物語や偉業を伝えましたが、ここの教会群は戦勝を記念して建設された経緯があり、宗教色の強いスレスコ画の中に、戦勝した戦場の場面を絵にしたユーモラスな絵が混ざっています。
この壁画の素朴さに魅了され 撮影した「聖なる壁」の写真展です。



【日時】
5月20日(木)〜6月8日(火)
オープニングレセプション:5月22日(土)16時〜19時
【場所】
アーキテクツオフィス ギャラリー
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町16-16
Tel. 03-5847-7785 Fax. 03-5847-7788
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-04-22 15:42 | 活動

「手で考える/遠藤セミナー」

2010年4月12日にINAX:GINZAにおいて、中央地域会3周年の記念行事として建築家の遠藤勝勧氏を招聘し、「人(設計者)は、現場を学ぶことにより、育つ」という趣旨のセミナーを開催しました。

講演会は、遠藤勝勧氏の学生時代の頃から菊竹請訓建築設計事務所を経て現在に至るまでの様々なエピソードの中に氏の建築観を散りばめた人情味溢れる素晴らしいものでした。スカイハウスの1/10スケールの矩計図をその場で描きながら、菊竹請訓氏との対話(戦い)によって設計や現場が進んでいった様子、横浜大桟橋の現場での苦労話、アメリカ視察旅行での失敗談等々つきる事ない興味深い話にまさに釘付けとなった2時間でした。「ものづくり」を通して「ひとづくり」を試みる氏のスタンスは、「ものづくり」の立場から「まちづくり」を考えようとしている我々中央地域会にとっても大きな刺激になりました。

また「遠藤勝勧 書く建築」と銘打ったパネル展示も併設開催され、氏の魂のこもったディテールスケッチの数々の他、特にそのオリジナリティ溢れる緻密な手帳はコピーのパネル展示の他実物の手帳も回覧され、そのメモの取り方にはじまり仕事別に色分けされ時間軸に沿って奇麗に整理された美しい体裁にあちこちから驚嘆の声があがっていました。

遠藤先生及びご来場の皆様大変ありがとうございました。

P.S.
セミナー後の懇親会では、お酒も入り、さらに興味深い裏話の数々が披露されましたことをご報告させて頂きます。

b0122764_11113827.jpg

b0122764_1112982.jpg

スカイハウスの矩計図
b0122764_1119327.jpg

遠藤手帳のコピー
b0122764_1119281.jpg

[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-04-13 11:31 | 活動

「手で考える/遠藤セミナー」のご案内

手で考える

建築界の名番頭遠藤勝勧氏が、CAD世代の若者に物申す
”人(設計者)は、現場を学ぶことにより、育つ”
 一.  同じ図面でも違うものができる。つくる前に現場(工場)を見に行こう。
 一.  同じ金額で建てるなら、考えるだけ考えつくせ。
 一.  詳細(原寸検討)から図面を描け、そうすれば出戻りが少なくてすむ。
 一.  最高なものと最低なものを見ておけ、時代によって評価は逆転することもある。
 一.  好きなものと嫌いなものを決めておけ、自分が嫌いなものはどこまでも好きになれない
 一.  1/2縮尺を使うな、プロポーションが良くみえ過ぎてみえるから
 一.  設計図通りではいい建築はできない、状況に応じて最適な回答を目指す。
 まだまだ・・・伝えたいことがある。ものづくりの原点となる“基本姿勢『遠藤流』”を楽しく伝授
 ※ 当日、スカイハウス〔菊竹清訓氏設計〕の断面図をその場で描く。

講師
遠藤勝勧(えんどう・しょうかん)氏
遠藤勝勧建築設計室

[profile]
1934年/東京都生まれ
1954年/早稲田大学工業高等学校卒業 卒業設計最優秀
千葉県建設業会館設計競技設計 三位入賞
早稲田大学吉阪隆正研究室 国会図書館協議設計参加
早稲田大学武基雄研究室 AIU東京本社競技設計参加
1955年/菊竹請訓建築設計事務所入所
1994年/同事務所退所
遠藤勝勧建築設計室を設立 現在に至る
2002-04年/学校法人桑沢学園
東京造形大学・専門学校桑沢デザイン研究所顧問
2003-04年/法政大学工学部建築学科兼任講師
[代表作品]
久留米市庁舎
I.T.DESIGN STUDIO
横浜港大さん橋国際客船ターミナル
[著書]
『スケッチで学ぶディテール』(日経BP社出版)
『見る測る建築』(TOTO出版)



「手で考える/遠藤セミナー」のご案内
【日時】
2010年4月12日(月)18:45~20:30
□第一部/18:45~20:00
 遠藤勝勧氏による講演
□第二部/20:00~20:30
 「ものつくり、ひとづくり、まちづくり」対話型質問会
 遠藤氏のものつくり論をお聞きした後、和やかに質問会をします。
【場所】
INAX:GINZA 7F/東京都中央区京橋3-6-18/03-5250-6560
【参加料】
無料
【申込方法】
4/5までにeメールにて藤沼傑/山下設計までお願いします。
メールタイトルは「日本建築家協会中央地域会遠藤セミナー参加希望」として住所、氏名、連絡先を必ず明記して下さい。
【主催】
日本建築家協会中央地域会
[PR]
# by CHUOUCHIIKI | 2010-03-16 18:46 | 活動

亀島川パンフレット

昨年、コミュニティーカレッジで市民の皆様が考えた亀島川再生提案書のパンフレットを作成しました。
今後の活動の中で順次配布していきたいと思います
b0122764_0103322.jpg

[PR]
# by chuouchiiki | 2010-03-14 00:10 | 活動

保存問題

京橋三丁目にある 片倉工業旧本社ビルが解体される。
b0122764_13573745.jpg

大正11年竣工だから、このビルは86年目で解体されることになる。日本のビルの平均寿命が30年程度と言われているので、約3倍の寿命である。
JIA保存委員会は、このビルの歴史的価値を再認識していただけないかという要望書を片倉工業に提出することになっている。この要望書は、全てを保存せよというものではなく、何らかの形で建物の価値を伝えられないか。そのために、建築家の専門家集団として出来ることはしますというもの。
中央地域会もこの趣旨に賛同し、要望書に連名することを検討している。
発表されている再開発案を見ると、ごく平凡な意匠であるが、緑豊かな広場を計画している。しかし、これまでの日本の建物の寿命を考えると、この再開発された建物も、30年で解体される可能性が高い。2050年には、解体再開発が議論されているだろう。その時、今回のような保存問題が一般の人から出るのだろうか?
(投稿 藤沼)
[PR]
# by chuouchiiki | 2010-01-31 14:09 | 活動